教育機関・法人向け

特徴

point

01

初心者から上級者まで、
プログラミングを楽しく学べる環境があります

2020年4月から小学校でのプログラミング教育がはじまります。

ここでいうプログラミング教育はプログラムの記述(コーディング)ではなく、「プログラミング的思考」を学ぶのが狙いとされています。

corporation01

toioでは、アンプラグドプログラミングや、パソコン上でScratchと同じブロックを使ってプログラミングできるビジュアルプログラミングなど、プログラミングをはじめたばかりの初級者から中級・上級者まで、「あそびを通じて楽しく学んでいただける環境」をご用意しています。

3段階にステップアップ

3stepup 3stepup_sp

point

02

課題発見・解決力・想像力を培うコンテンツで、
STEAM教育にも役立ちます

また近年、各教科毎の教科学習に加え、文理横断型の探索学習としてSTEAM(※)教育が注目されており、課題発見・解決力や創造力等を培うコンテンツが求められています。

※Science (科学)、Technology (技術)、Engineering (工学)、Art (芸術)、Mathematics (数学)の頭文字をとったもの

toioの本質は、ロボットを使った新しいあそびのプラットフォームです。

プログラミングコンテンツに加え、ゲームや工作、絵本、運転などtoioならではの様々なコンテンツを通じ、アナログとデジタルの両面で創意工夫する力を引き出すことができます。

corporation02

"ロボット×あそび" の研究から生まれたロボットトイで、
次世代を担う子どもたちが楽しみながら学べる機会を、
論理的思考力や課題発見・解決力、クリエイティビティを育む機会を、
一緒に創造しませんか?

corporation03

※学校導入・民間スクール(塾・教室)導入・その他ビジネス利用についてお問合せいただけます

導入事例

熊本県人吉市内の全小学校での一括導入

2020年度より小学校でのプログラミング教育が必修化になることを受け、2019年9月、全国に先駆け熊本県人吉市内の全ての小学校においてロボットトイ「toio(トイオ)」がプログラミング教材として一括導入されました。

corporation04

これを受け、2019年10月18日(金)、熊本県人吉市立人吉西小学校においてプログラミング教育の公開授業(主催:熊本県人吉市教育委員会)が行われましたので、この様子をご紹介します。

熊本県人吉市のtoioを活用したプログラミング授業|レポート

参考情報

メディア掲載事例

【月刊先端教育】プログラミング教育が育む未来の学び

「月刊先端教育」2020年4月号内の特別企画「プログラミング教育が育む未来の学び」で、「toio」がプログラミング教材として紹介されました。
この特集記事の中では、「toio」を教材として活用している熊本県人吉市におけるプログラミング教育の取り組みも紹介されています。

PDFをダウンロードする(13.3MB)

ビジネスパートナー

toioでは、以下のビジネスパートナー様を通じて
教育機関・法人のお客様へ販売させていただいております。

よくあるご質問

よくあるご質問は以下よりご確認いただけます。
お問い合わせの前にご覧ください。

お問い合わせ先

導入をご検討されているお客様は以下よりお気軽にご相談ください。

学校導入

corporation06

株式会社 内田洋行

民間スクール(塾・教室)導入

corporation05

株式会社アフレル

その他ビジネス利用

corporation03

株式会社ソニー・インタラクティブ
エンタテインメント